「京都府立特別支援学校ICT利活用 新しい授業づくりリーダー育成研修」の講師を務めました!

京都府立特別支援学校のリーダー育成研修で講師を務め、「新しい授業づくりに向けた対話型ワークショップ」を行いました。
グループで対話を行いながら、今回の研修テーマである「自己肯定感」を Keynote の色と図形で表現し、グループでシェアするワークなどを行いました。
今後各学校でテーマを深め、それに基づいた授業実践へと展開させるお手伝いをしていきます。

京都府デジタル学習支援センターのWebサイトに当日の様子が紹介されています。
https://www.kyoto-be.ne.jp/digilearing-center/wp/?p=2513

今年は対面の研修会もだんだんと増えてきました!

iPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座#14〜を開催します!

毎回ご好評をいただいているオンラインワークショップ、第14回を開催いたします!

iPadには、一人一人の特性や学び方に合わせてカスタマイズが可能なアクセシビリティ機能が備わっています。
ズーム・画面表示・読み上げコンテンツ・サウンド認識・アシスティブタッチ・スイッチコントロール・アクセスガイドなど様々なアクセシビリティ機能をうまく活用することで、一人一人の学びをより最適なものにできる可能性が広がります。

今回は、前回のアクセシビリティ特集でご紹介できなかった「スイッチコントロール」がテーマです。
指での画面操作が難しい場合に、スイッチコントロールを使用すると、外部のスイッチを使ってiPadを操作できます。選択、タップ、ドラッグ、入力などがスイッチで実行できるようになります。

本イベントでは「スイッチコントロール」の操作体験とともに、教材や実践のご紹介をいたします。

お申し込みはこちらからになります。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!




iPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座#11〜 開催します!

ご好評いただいている iPadオンラインワークショップ、おかげさまで第11回を開催することになりました!

GIGAスクール構想により学校現場には一人一台の端末環境が実現し、全国で様々な取り組みがスタートしたところですが、その先にある子どもたちの学びの姿ってどんな感じなんだろう、と考えたことはありませんか?

2016年から一人一台端末の環境を実現している上越教育大学附属中学校は、学校の教育活動全般にiPadと最先端のテクノロジーを導入し、AI時代に求められる資質・能力の育成を目指した取り組みを学校全体で行なっています。

今回は、その上越教育大学附属中学校でICT活用を牽引されてきた大崎貢さんをゲストにお迎えし、自己調整・創造性・人間性を育むiPadの活用について、じっくりお話を伺いたいと思います。
これからの私たちが目指す学校の1つのあり方として、この機会にみなさんと考えを深めていければと思っています。

お申し込みはこちらから。
よろしければぜひご参加ください!