iPadを活用した実践事例が書籍に掲載されました!

朝日新聞社著「学びに凸凹のある子が輝くデジタル時代の教育支援ガイド 子ども・保護者・教師からの100の提言」(学研教育みらい)に、代表理事海老沢が2019年に取材を受けた朝日新聞の記事が掲載されました!
コマ撮りアニメーション制作アプリ「KOMA KOMA」を活用した実践事例について紹介しています。

書籍にはGIGAスクール時代の合理的配慮事例や、実態や特性に合わせたICTの活用事例が豊富に掲載されています。ぜひお手にとってご覧ください。
https://hon.gakken.jp/book/2380169800

\SOZO. Chillout Talking/ 楽しくて深〜い話でした!

SOZO.Edメンバーによるトークイベント「SOZO. Chillout Talking〜新しい教師像を探る!〜」無事終了しました。今回は3人のメンバーのこれまでを振り返るセッション。所属は支援学校、小学校、中学・高等学校とそれぞれ違うものの、深堀りする中で共通していたのは、
「ターニングポイントの前に自分が大事にしていたルーツがあること」
「人との出会いの大切さ」
「学校や地域を超えた広い世界を知る大切さ」
「面白いと思ったらすぐに行動すること」
「どんな環境でも身の回りのことから吸収してそれを仕事に生かしていく姿勢」
でした。

今回も50名近くの方にご参加いただきました。
「初めての参加でした。3人の方それぞれの素敵なお話を聞けていい時間でした。ありがとうございました。また参加させてください。」
「とても素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。」
との嬉しいご感想をいただいております。ありがとうございます!

次回は11月21日20:00- 開催です!よろしければこちらからお申し込みください!
http://ptix.at/VtNyJg

\SOZO. Chillout Talking/イベントグループのお知らせ

SOZO.Edでは、ユニークなメンバーが毎回登壇するトークイベントを開催しています。

”偏人”ぶりを発揮し様々な方面で活躍しているメンバーが登壇し、自分の過去を振り返りながら、どこがターニングポイントだったのか、そしてどこに向かおうとしているのかを、ゆるやかな”チルアウト”トーキングでご紹介します。

それぞれのターニングポイントを深掘りしながら、未来の先生に必要なスキル、マインドセットを探っていきます。

下記のグループをフォローいただきますと、新しいイベントが公開された時にお知らせが届きますので、よろしければぜひフォローください!
https://peatix.com/group/11487489

iPadオンラインWSにたくさんのご感想をいただきました!

10/10に開催した第4回のワークショップは、申し込み時の定員80人が満席となり、当日も70名を超える方々にご参加いただきました。ありがとうございます!

WS後のアンケートでは29名の方にご回答いただき、すべての方に「内容を理解できた」という評価をいただきました。

また「今後どのような内容のワークショップに参加したいですか。」という質問には、下記のようなご回答をいただいております。

「音楽の作品づくりについて」のリクエストが多いことがわかりました。今のWSを少しずつ発展させながら、いずれGarageBandのWSも開催したいと思っていますので、しばらくお待ちください。

また、アンケートの自由記述欄に本イベントのご感想やお気づきの点のご記入をお願いしたところ、23名の方がご回答をお寄せくださいました。手間のかかる自由記述にも関わらず、ご回答ありがとうございます!とてもありがたく読ませていただきました。
その中からいくつかを抜粋でご紹介させていただきます。

「知らない機能について知ることができ、とても勉強になりました。しかも楽しく学ぶことができました。」
「iPadを持っていますがあまり活用できていませんでした。いろいろ可能性が見えてきました。」
「独学では分からないところをたくさん教えていただき、感謝です。凄い!です。」
「稲田さんの説明がとても面白かったです。Keynoteは奥が深そうで、使いこなせるようになりたいと思いました。」
「講師の方のプレゼンが半端なく素晴らしかったです。」
「アーカイブがあったら嬉しいです。有料でも参加します!」
「本当ならお金を払って聴講するべきハイレベルな内容で、ありがたくも申し訳ない気持ちでいっぱいです。」
「毎回消化不良にならない程度の分かりやすくすぐに実践しやすい内容で満足しています。YouTube等でアーカイブが残るといつでも見られていいなと思います。」

ありがたいご感想に大変感謝しております。ありがとうございます!

オンラインだけでなくオンデマンドでの視聴のリクエストもいただきましたので、本WSとは別にYouTubeチャンネルを作成し、要点をさらに絞ってご紹介していくコンテンツもありかな?と思いました。今後別途制作していきますね。

ではでは今後もゆるやかにイベントを続けていきたいと思いますので、またぜひご参加ください。どうぞよろしくお願いいたしますー!

今後のイベントの通知を受け取りたい方は、下記のPeatixリンクからグループのフォローをしていただくと、登録したメールにお届けできるようになります。よろしければぜひ!
https://peatix.com/group/11487430/view

iPadオンラインワークショップ第5回のお知らせ

10月31日に「iPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座〜」第5回を開催します!
今回は「Keynoteスペシャル」と題しまして、外山宏行さんの素敵な実践をいろいろとご紹介いただきながら、楽しくワークに取り組みたいと思っております。
お申し込みは下記のPeatixからとなります。よろしければぜひご参加ください!
http://ptix.at/rQ3QPP

未来の先生フォーラムに登壇します!

11月13日に開催される未来の先生フォーラム「多様性が活きる教育を創造する」に代表理事海老沢が登壇します!
日野公三先生、西郷孝彦先生と共に、インクルーシブ教育・特別支援教育の観点から共生社会を創る教育を考えるトークセミナーです。
お申し込みは下記のリンクから。よろしければぜひご参加ください!
http://ptix.at/FLWZup

プログラミング教育の書籍の1節を執筆しました

金森克浩監修、水内豊和・齋藤大地編著「新時代を生きる力を育む 知的・発達障害のある子のプログラミング教育実践2」(ジアース教育新社)が9月16日に発売されました。
その中の第3節「情報活用能力を高める授業デザイン」を代表理事海老沢が執筆しました。Society5.0、情報活用能力、Education2030、ウェルビーイング、SDGs、PBL、ダイバーシティなどをテーマに、これからの授業デザインについて提案しています。

第1章には特別支援教育におけるプログラミング教育についての様々な考え方とアプローチ、第2章には全国の30もの新しいプログラミング教育の実践事例が掲載されています。ぜひお手にとってお読みください!
https://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0597/index.html?fbclid=IwAR3kHs1hAarr01S1-s9UBW411pjT-haDOeBdLNCohuS8fZkgKr4zHIPKJ3s

SOZO. Chillout Talking 10月17日開催します!

ご好評いただいておりますSOZO.Edのトークイベント。今回からシリーズ化してお送りしていきます!

SOZO.Edのメンバーはそれぞれ個性的でどこか型にハマらない教師ばかり。本業以外の肩書きの多さにも注目です。
そんな ”偏人”ぶりを発揮し各方面で活躍している様々なメンバーが毎回登壇し、自分の過去を振り返りながら、どこがターニングポイントだったのか、そしてこれからどこに向かおうとしているのかをゆるやかな “チルアウト”トーキングで紹介していきます。
未来の教師はどんなスキルやマインドセットが必要なのか、本イベントを通して皆さんと一緒に探っていければと思います。

お申し込みは下記のPeatixから。よろしければぜひご参加ください!
http://ptix.at/zOHmr1

SOZO.Edトークセッション いよいよ23日開催です!

未来の先生フォーラム2021で好評だったSOZO.Edのトークセッション第2弾!いよいよ23日に開催されます!
メンバーそれぞれが個性的な”偏人”教師であるコミュニティ「SOZO.Ed」。本イベントでは、これからの時代の教師に必要なスキル、マインドセットは何かをトークセッション形式で探っていきます。
お申し込みは下記のPeatixから。よろしければぜひご参加ください!
https://sozoed-talksession2.peatix.com/

iPadオンラインワークショップ第4回のお知らせ

「特別支援学校の先生たちとiPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座〜」の第4弾を開催します!
今回はiPadの「Keynote」と「iMovie」を活用し映像作品づくりのワークを行います。
お申し込みは下記のPeatixから。よろしければぜひご参加ください!
http://ptix.at/45264f