沖縄県特別支援学校情報教育研究会で講師を務めました!

沖縄県特別支援学校情報教育研究会主催令和4年度公開研修会で講師を務めました。

社会や時代の変化、アーティストとのコラボレーションについて、学校教育のこれから、特別支援教育におけるiPadを活用した授業実践、Kahoot! のワーク、などの内容で2時間半の研修会を行いました。

会場としてご案内いただいた沖縄高等特別支援学校では、木工班の生徒さんたちが、なんと私の法人名とロゴ、そして名前を作ってくれていて、プレゼントしていただきました!とっても嬉しかったです。

研修会の最後までみなさん熱心に聞いてくださり、アンケートでは次のような感想をいただきました。

・「よかった」ではなく「とてもよかった」。今まで講演会を受けたなかで、一番自分にためになる講演会でした。
・本当に素晴らしい役に立つ講演会でした。現場の教師のための講演会でした。
・先生のこれまでの活動はとても素晴らしいと思いました。多様な学びの方法も参考になりました。
・事前の質問に答えていただけてとても参考になりました。学校に戻ったらすぐに活用してみようと思います。
・海老沢先生の講話を通して多くの学びを得ることができました。
・変化する社会に対応する力という視点で、他の講師の方とは違った内容の講演会で素晴らしかったです。アートの視点でICT活用を考えていくことは大変興味深く、勉強になる内容でした。
・Kahoot! というアプリ面白かったです。早速授業に取り入れてみようと思います。ありがとうございました。

———講師として非常にありがたいご感想の数々でした。今後さらに沖縄県の先生方とコラボレーションする機会があったらとても嬉しいです。ありがとうございました。

全国特別支援教育振興協議会で講演をさせていただきました!

第44回全国特別支援教育振興協議会(主催:全国特別支援教育推進連盟、文部科学省、独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所)で代表理事海老沢が講演をさせていただきました。

「ICTを活用した特別支援学校の授業実践ーアイデアや表現を広げるICTの活用ー」と題し、これまでの授業実践や現在外部専門家として関わっている取り組みについてご紹介しました。

開催要項や文科省の資料などは全国特別支援教育推進連盟のWebサイトに掲載されていますので、よろしければこちらをご参照ください!

書籍刊行記念トークセッション第4弾開催します!

書籍「シーズ(アプリ活用)とニーズ(授業展開)でわかる!特別支援教育 1人1台端末活用実践ガイド」(明治図書出版)の刊行記念トークセッション第4弾のお知らせです。

今回は、著者の和久田高之さん、齋藤大地さん、編著者の後藤匡敬さんをお迎えし、授業実践の紹介や最新のお取り組みなどについてお話を伺います。

今回も本イベント参加者のみなさま限定で、
明治図書出版さんからお得なクーポンをご提供いただきました!
明治図書オンラインでイベント当日から2週間使用できる書籍割引クーポンになります。

刊行記念トークセッションは今回が最終回となります。よろしければぜひご参加ください!
お申し込みはこちらからになります。ご参加お待ちしております!