ブログ

埼玉大学教育学部附属特別支援学校授業実践研究会で講演を行いました!

代表理事海老沢が、埼玉大学教育学部附属特別支援学校授業実践研究会で講演を行いました。「子どもたちのアイデアや表現を引き出すICTの活用」をテーマに、Mentimeterでインタラクティブなやりとりを交えながら、お話をさせていただきました。
120名を超える方にご参加いただき、たくさんのご感想をいただきました。その一部を抜粋してご紹介いたします。

・知識を伝えるだけではなく、子どもたちのアウトプットも考慮して授業づくりをしていかなければならないということを学ばせていただきました。子どもたちと一緒にワクワクできる取り組みを考えていきたいと思います。

・魅力的な情報がたくさんありましたので、もっともっと多くの特別支援学校の先生方に参加してもらいたいですね。
参考になる書籍もご紹介頂きありがとうございます。今後の実践に活かせる内容でした。

・クリエイティブな学びこそ、特別支援教育が率先して取り組んでいくことだと感じました。

・新しい情報がたくさんあり、大人も日々知識をアップグレードする必要性をひしひしと感じました。

・本質はICTの活用ではなく教育観や授業観である、とのお話が心に残りました。実際にいろいろとトライしながら活用していけたらと思います。

・ICTによって児童生徒の力を引き出せる、新しい可能性を感じました。

・先進的な内容で、ICTを教育に活用するにはこうあるべきという望ましい姿を海老沢先生の実践をもって具体的に教えていただきました。

・講演の中にありました、日本は学習にICTを使えていないというOECDの調査結果には愕然としました。この結果はひとえに学校でICTを使った学習ができていないからだと強く感じます。そもそも現場の教員にもスマホやタブレットは遊びの道具だと考えている人が多くいます。そういった考えがベースにあるので、学校ではあれもこれも禁止ということにつながっているのだと思います。
まずは教員がアウトプットにICTを使えているか。ネットで調べてみるだけ、動画を見るだけといった使い方しか教員ができていなければ、とても子どもたちからICTを使った創造性を見出すことはできないと思いました。

・ぜひ1人でも多くの教員に海老沢先生のお話を聞いていただき、胸を熱くしていただけたらと思います。私自身も積極的に実践して発信していきたいと考えています。

・とにかくワクワクする講演でした。海老沢先生の話を聞いたのは久しぶりでしたが、共有していきたい実践ばかりでした。

・大変勉強になりました。具体的に実践をお話しいただき、月曜日からの授業に早速生かしていきたいと思いました。アイディアは無限に形にできるんだ!ってことを、子どもたち自身に感じてもらえるような授業を作ってきたいです。

・子どもたちの発想を、その子に合ったやりやすい方法で表現するためのツールとして、ICTはとても有効なことがわかりました。子どもの内面を表現するのにiPadはとても優秀だと感じました。
また教師自身の頭を柔軟にしなければ、ICTを有効的に活用することはできないと思いました。

・とても有意義な時間をありがとうございました。通常学級の担任をしていますが、支援が必要な生徒がいます。その子の良い部分を引き出すためのヒントを得られた気がいたします。多くの子どもたちに実践したいと思いました。

・ICTをどのように活用したらよいかを具体例を基に知ることができました。また、ICTに使われる授業ではなく、ICTを使う授業をどのように行えばよいか学ぶことができました。ありがとうございます。

・大きな視点でICTの活用について捉える考え方を知りました。子どもたちが自分で創り出すアウトプットのツールとしてのICTという考え方がわかりました。

・iPadを活用したいと強く思いました。私自身がまだiPadに慣れていないこともあるので、やり方をまず知って自分が楽しむことから始めてみようと思います。

・ICT活用の様々な具体例を挙げていただきながら、Creativityの面白さを学ばせていただきました。大変興味深かったです。

・多様化する子どものニーズ対して、ICT機器は必要な支援をするための可能性をたくさん秘めていると感じました。子ども1人1人の創造性を育てる授業への変革が必然になってきていることを確信できました。ありがとうございました。

・目から鱗のお話ばかりでした。たくさん活用したいと思えました。ありがとうございました。

・本日は貴重なご講演ありがとうございました。写真や絵、タッチのみでの授業で指導が広げられず悩んでおりました。今回学んだことを基に、子どもたちがより楽しく、そして発想を広げられるような授業を他の教員とともに考え、実践してまいります。今後もご講演していただけましたら、ぜひ参加させていただけたらと思います。

・子どもの想像力や創造力をICTを使って引き出す様々な実践を聞くことができて、とても勉強になりました。子どもたちの豊かな作品を見て、ぜひ今後の自身の実践にもいかしていきたいと思いました。ありがとうございました。

・様々な実践事例、そして学習している子どもたちの明るい表情と成果を見ることができ、今後ICTを積極的に活用していきたいと思いました。まだまだ使いこなせてはいませんが、まずは使ってみるところから始め、周りの職員とも検討しあいながら実践を進めていきたいと思います。ありがとうございました。

・心が動くワクワクする教育を通して、多くの人がより幸せになれるとよいと思いました。

・身近にあるアプリの活用方法でとても分かりやすかったし、ぜひ使ってみたいと思いました。インプットだけでなく、アウトプットするツールとして、iPadを使った授業にチャレンジしていきたいと思います。

・非常に勉強になりました!新しいICTの活用方法など知ることができて,話を聞いていてとてもわくわくしました。今日学んだことを子どもたちにフィードバックすることができるように、まずは教員がICTの様々な可能性を知り,使っていくことが大切であると感じました。素晴らしい講演をありがとうございました!

・クリエイションから学びに繋げていくイメージを具体的にもつことができました。

・「自分なりの価値観をどう育てるか」ということを聞き、本学級にいる児童達にこそ必要な観点だと感じました。今回初めて知る様々な実践を教えていただき、活用して児童の可能性と表現する手段にしていきたいと感じました。

・私たち大人が思っている以上に、子どもたちは柔軟で、人に「伝えたい」「共有したい」と思っていることが、海老沢様のお話を通じて伝わってきました。
またその手段として、ICTが担う役割がいかに大きいのかがわかりました。

・どうしても私たち大人は、「こちらが完璧に使えるようになってからじゃないと…」と思ってしまうことも多いと思います。そこがICTの活用を阻んでしまう一つの原因かもしれないなと、本日のお話を聞いていて感じました。
私たち大人が「教える」というスタンスを外して、子どもたちと一緒に使い方を習得していきながら、「こんな使い方あったよ!」「こんな使い方できそうだよ!」とお互いにシェアしながら活用方法を探っていく、そんな柔軟さで学習活動を進めていけたらいいのかなと感じました。

・いろいろなツールを活用するアイデアや工夫を創造していくことが、必要だと感じました。児童生徒のほうは、ツールの使い方を覚えて、自由に使うことで、教員には思いもよらない表現が出てくるのではないか、そのことを肯定的にとらえて、発信していくことで、新たな学習が見いだせるのではないかと、発展性を期待することができそうです。ありがとうございました。


 オンラインでの講演はなかなかリアクションがわかりづらいのですが、こうした前向きなご感想をいただくととても手応えを感じます。
 少しでもたくさんの方々が「自分でもできそう!やってみよう」「自分もワクワクしながら授業を作ってみよう」とアクションをおこすことができるように、今後もブラッシュアップをしながら講演に臨みたいと思います。ありがとうございました!





iPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座#8〜 無事終了しました!

2月13日に「GarageBand」をテーマとしたオンラインワークショップを開催しました。
ご参加ありがとうございました!
参加された方々にはとても好評で、80名近くの参加者のうちアンケートにご回答いただいた31名の方が「内容を理解できた」と記入してくださいました。

自由記述欄でもとても高い評価をいただきました。いくつか抜粋させていただきます。

「とてもとても楽しかったです!」
「音楽が苦手なので、自分に音楽の授業が回ってきたときはどうしようとあせっていましたが、可能性を感じました!」
「曲を簡単に作れるのは自分も楽しかったです。子どもたちも独創的なものが作れそうです。ありがとうございました!」
「わかりやすかったです。コードで合奏は授業でやれますね。早速やってみます。」
「体験しながら使い方が覚えられてとても良いです」
「ぎゅっと詰まった内容で、1時間があっという間です!今日の内容でしたら、最初の30分を1時間にしてもらって、全2回にして欲しかったなぁ、と感じました。何度か使ったことのあるガレージバンドでしたが、今回は基礎を改めて知ることができ、とてもためになりました!」
「このアプリを子どもたちが楽しみながら使う様子が目に浮かびます。早速試してみたいと思います。ありがとうございました。」
「GarageBand、前々から気になっていたので大変興味深く聞かせていただきました。楽器演奏が難しい子にも活用できそうです。スイッチコントロールも併用して。」
「この講座ではiPadの使えていないアプリや機能を知ることができて楽しいです。音楽は好きですが苦手なので、一歩先に進むのに労力が大きかったのですが、とても楽しくて、子どもたちとも楽しく使えそうな気がします。短い時間でわかりやすく伝えてくれる講師の先生方の説明も毎回素晴らしいです。本日もありがとうございました。」


また、今後参加してみたいワークショップについてもご記入いただきました。

ご要望の多かった「Keynote + GarageBand + iMovieでのクリエーションワーク」を今後計画していきたいと思っております。お楽しみに!

今後のイベントの告知をお受け取りになりたい場合は、Peatix グループ「特別支援学校の先生たちとiPadで学ぼう遊ぼう!〜デジタルクリエーション講座〜」をぜひフォローください。

NHK for School オンラインワークショップで実践発表を行いました!

2月12日に開催された「NHK for School でGIGA端末を使いこなそう!オンラインワークショップ」で、代表理事海老沢が実践発表をいたしました。

ICTデザイナーとして授業を担当している新渡戸文化小学校での実践に焦点をあて、iPadをアイデアと表現をアウトプットするツールとして生かした実践の一例をご紹介させていただきました。